ゴキブリ 巣 見つけ方

ゴキブリの巣を見つけるには

スポンサーリンク

ゴキブリを見つけた場合はどこかに巣があるかもしれません。
それは冷蔵庫などの電化製品の周りかもしれませんし、クローゼットの中かもしれません。
そもそもゴキブリの巣とはどのようなものなのか知っていた方がゴキブリ対策に役立つことでしょう。
今回はゴキブリの巣について紹介していきます。

 

ゴキブリの巣とはなにか

ゴキブリにはみなが連想するアリやクモが作る巣はありません。
どういうものがゴキブリの巣なのかというと、ゴキブリが複数集まっていればそれで巣なのです。
この場所を中心にゴキブリは活動していきます。
ゴキブリは同じ種類のものが集まるので、
別の種類のゴキブリと巣を同じくすることはないです。

スポンサーリンク

巣を作らせないようにするには

暗い場所、湿っている場所、暖かい場所、食べカスがある場所などをゴキブリは好んで巣にします。
繁殖するうえでも好条件な場所をより好みます。
細かな場所にまで調べ、ゴキブリが巣にする可能性がある場所を見ておきましょう。

 

隙間があるとゴキブリは好んで入ります。
暖かく暗い場所はゴキブリは大好きです。
とりあえず隙間をふさぎ、入れない、巣を作れないようにしておきましょう。

 

食べ物や調味料がある棚などについてもゴキブリは好んで入りますので、
なるべく密閉して匂いが漏れないようにしましょう。
匂いがあればゴキブリを誘導してしまいます。
コンバットを設置しても、他に食べ物の匂いが漏れていれば、トラップの効果は激減してしまいます。

 

コンバットなどのトラップを仕掛けておけば、1〜2日後にはゴキブリは死んでいます。
隙間の近くや部屋の隅などに設置しておきましょう。
集団の死骸を見つければ、そこが巣だったということです。
ゴキブリを見かけたときは巣の存在を考え、部屋中をくまなく探してみると良いです。

スポンサーリンク