ゴキブリ 冬 幼虫

ゴキブリは冬を越せる?

スポンサーリンク

ゴキブリは一年中見ることは出来ますが、冬は暖かい時期に比べると見る回数は少ない気がします。
ゴキブリは冬を越せるということなのでしょうか。
今回はゴキブリと越冬について説明します。

 

実際にはゴキブリは室内であれば、冬を越せます。
寒さにもともと強い生き物でないので、外にいる分には冬を越すことは難しいでしょう。
そもそもゴキブリはなにかしら建物内にいるものですから、冬を越えてしまうのです。

 

では部屋を我慢して寒くすれば良いというわけではありません。
室内だろうと、温かい個所を好んで居座っているゴキブリには関係のない話かもしれません。
いくら窓を開けてもクローゼットや棚の中、家電製品の周りには影響ありませんしね。

スポンサーリンク

いくら外が寒くても室内が暖かいならゴキブリは生存できてしまうので、
北海道でも見かけることはできます。
近くに料理屋があればなおさらです。

 

ゴキブリが集まってしまうことから、家電製品は故障するリスクがありますので、
冷蔵庫周りなどを重点的に注意をはりましょう。

 

とはいえ夏に比べて冬にゴキブリを見る回数が少ないのは、活動が活発ではなくなっているからです。
これに胡坐をかくことなく、きちんと対策をとりましょう。
ゴキブリの通り道に殺虫剤をまいたり、ホウ酸団子などのトラップをしかけるのも良いでしょう。
成虫はもちろん幼虫も室内なら冬を越せてしまうので、寒い時期にきちんと対策をとって、春にはゴキブリを見ることないようになると理想的ですね。

 

○まとめ
ゴキブリは寒さに強くないので、外の気温の中では冬を越すことはできません。
しかし室内ならクローゼットの中や冷蔵庫周りなど暖かい場所はいくらでもありますから、冬を越すことができてしまいます。
とはいえ、冬はゴキブリの活動は鈍くなりますので、見かける回数は減ります。
これに満足することなく、冬のうちにゴキブリの通り道に殺虫剤をまいたり、エサトラップを仕掛けるなど対策をとれば、春になってもゴキブリを見かけることなく過ごせるかもしれません。

スポンサーリンク