ゴキブリ 産卵 時期

ゴキブリが産卵する時期って?

スポンサーリンク

場を凍りつかせる怖い怖いゴキブリたちですが、
繁殖能力も凄まじいですよね。
一匹見たら30匹はいると思えなんて言われるくらいです。
一体ゴキブリはどの時期に産卵しているのでしょうか。
今回はゴキブリの産卵について説明していきます。

 

 

ゴキブリは基本的に寒い冬の時期を除けば、いつでも産卵してます。
たしかに冬はゴキブリを見る回数は減るけれど、その時期を除けばコンスタントにゴキブリを見ていたような…
夏は気温も高いから、夏をメインに頑張ろうと思ってもダメなんですね。
彼らは春、夏、秋と卵を産みます。
それでいてあの生命力なのですごい生き物です。
例えばクロゴキブリですが、
一度に30個程度産みます。孵化までは50日くらいです。
チャバネゴキブリだと40個程度産みます。20日くらいです。
このようにゴキブリによって孵化までの期間などが異なるのが特徴です。

スポンサーリンク

ゴキブリは9か月の間、交尾をして産卵を繰り返すことができます。
常に部屋をきれいにしておかないと、すぐに繁殖してしまうのです。
おまけにゴキブリの卵は頑丈で、衝撃にも強いですし、なんといっても寒さにも耐えることができます。
これは部屋の中で一度産まれた卵は冬を越すことができてしまうわけです。
部屋の中で、卵を見つけたらかならず除去しておきましょう。
そして部屋中に他に卵がないかよく探しましょう。
温かい時期になったら、一気にゴキブリの赤ん坊が生まれてきます。
彼らがまた成虫になってと考えると恐怖です。

 

○まとめ
ゴキブリは冬を除けば、一年中産卵することができる生き物です。
春、夏、秋と産卵しているのです。
孵化までの時期や一度に産む卵の数はゴキブリに種類によってそれぞれです。
おまけにゴキブリの卵は固く衝撃に強く、寒さにも強いので室内に産み落とされた卵は冬を越えることができてしまいます。
もし卵を見つけたら、必ず取り除き、他に卵が落ちてないかくまなく探してください。
赤ん坊が産まれたらとんでもないことになりますよ。

スポンサーリンク